top

会の紹介

会の歴史

霊 性

養 成

活動紹介

宣 教

福 祉

教 育

共同生活

支部修道院のご案内

世界支部のご案内

    自動
 

シャルトル聖パウロ修道女会

修道会へのアクセス 修道会へのアクセス

シャルトル聖パウロ修道女会

サイトマップ サイトマップ

シャルトル聖パウロ修道女会

白百合学園

活動アルバム

Stained glass

ガラテヤ2・20

宣教

世界のSPC

17世紀末、南フランスのペルテュイから、ルイ・ショーヴェ神父がパリ郊外シャルトルの寒村ルヴェヴィルに赴任したのは1694年のことでした。当時はルイ王朝の華やかさの陰にあって、一般民衆は生活に困窮しており、さらに洗礼は受けていても福音的な教育は施されておらず精神的にも窮迫した状況でした。
このような中で、ルヴェヴィル村の人々の状況を見たショーヴェ師は、村の若い女性を子どもたちに読み書き、編み物を、そしてキリストの教えを伝える宣教者となるようにと育てたのでした。その呼びかけに最初に応えたのが10代だったマリー・ミショーとバルブ・フコーでした。以後、彼女らに続く姉妹たちが共同体に加わって、子どもたち、貧しい人たち、病人に謙虚な奉仕を続けながら、「学校の娘たち」の修道院は静かに育っていったのです。
1708年にシャルトルに招かれ、「シャルトル聖パウロ修道女会」と名付けられ、1727年、フランス政府の要請に応えてフランス領ギアナへの宣教に旅立ちました。 以来、ヨーロッパ諸国、アジア、アフリカ、アメリカ大陸へと宣教の場は広げられました。
ルヴェヴィルでの創立から300年余を経て、現在35カ国で、約4000人の修道女が教会での司牧、福祉、医療、教育などの活動に従事しています。

宣教

日本のSPC

1878年(明治11年)5月28日、スール・マリ・オウグスト、スール・マリ・オネジム、スール・カロリヌの3人がオズーフ司教の要請に応えて、シャルトル聖パウロ修道女会から派遣され函館に到着し、日本での宣教が始まりました。
3人はフランスでの創立の時と同じように、身寄りのない子どもの養育、病人の見舞いそして近隣の少女たちに手仕事を教えることから始めました。
以来130年余、その活動は東京都、宮城県、岩手県そして熊本県、神奈川県にと支部が創設されて引き継がれ、現在12カ所の地域で奉仕しています。

(S・P・CとはSrs of St. Paul of Chartresの略です)

歴史1

歴史2

シャルトル聖パウロ修道女会